総合資格学院モバイル


構造設計1級建築士
取得のメリット


「構造設計1級建築士」は、文字通り、構造設計のスペシャリストとしての証であり、同時に、今後、構造設計に関わる業務を行っていく上で、必要不可欠となる資格です。取得が非常に難しい資格ですが、費やした労力以上の価値のある資格です。

●資格はこんな職場で役立つ!

(1)構造設計事務所

構造設計事務所で構造設計の業務や、構造に関する工事監理の業務に従事している方なら、構造設計1級建築士は必要不可欠!これらの業務に従事している方は、構造のスペシャリストの証明として必ず取得するようにしましょう。

(2)ゼネコン、建築士事務所等の構造設計部署

ゼネコンや建築士事務所などで、構造設計を担当されている方も、資格の取得が求められます。1級建築士として構造関係の実務を5年以上経験された方は、より一層の専門技術と 知識の向上のため、取得をおすすめします。

(3)官公庁等

建築確認の構造に関する審査に携わっている方も、構造設計1級建築士の取得が求められます。また、営繕業務なら、構造に関する設計・工事監理の業務に従事している場合は必要といえます。

(4)指定構造計算適合性判定機関

「1級建築士」であり、かつ「構造計算適合性判定資格者」なら、講義の一部および修了考査が免除されます(構造計算適合性判定員候補者名簿に掲載された者、または指定構造計算適合性判定機関に在籍している者に限る)。


講座案内
└資格別の各講座情報

資料請求
└詳しい講座パンフレットを無料でお届け

資格ガイドトップ


資料請求
* 利用規約
# 個人情報保護方針
サイトマップ
トップページ

総合資格学院